社長挨拶

伝統の味を日本全国へ

代表取締役社長 望月元一

 平素は弊社製品への御愛顧を賜りまして、誠にありがとうございます。
 弊社は、駿河湾を目の前にした大変美しい場所にあり、その駿河湾は約 1000 種もの魚類が生息しているといわれる日本有数の湾であります。
 日本国内ではここでしか獲れない希少なえびそれが「桜えび」です。
 弊社では桜えび漁が始まった明治時代中期より、その加工・販売を軸に事業展開をしてまいりました。
更に、昭和25年より現在弊社の主力商品である「桜でんぶ」の製造を開始し、今でも立ち上げ時と変わらない製法で伝統の味を守り続けております。
その一方で、昨今のBSE・食品の表示問題に端を発し、食品の安心・安全に関して消費者の皆様から大変高い関心が寄せられております。
 当ホームページでもご紹介させていただいている通り弊社では、「伝統の味」と「安心・安全」の両立を合言葉に最新機器の導入と人材育成に力を入れ、社員一同一人一人が皆様に自信を持って食べて頂ける商品を製造しております。
私共はこれからも皆様の健全な食生活の手助けとなれるよう
取り組んでまいります。