会社概要・沿革

会社の概要

名  称 ヤマト食品株式会社 
所在地 〒421-3211
静岡県静岡市清水区蒲原新田一丁目1-30  TEL.054-385-4161(代)
E-mail.
http://www.yamatosyokuhin.com(総合案内)
事業内容 ●桜えび ●桜でんぶ ●しらす ●煮干 ●くらげ ●輸入海老田作り
●山菜水煮 ●その他水産加工食品の製造販売
敷  地 4,500m²
建  物 事務所・倉庫:640m²
工場:2,500m² 冷蔵庫:270m² 300t 
代表取締役 望月元一 
取引銀行 静岡銀行 蒲原支店 、清水銀行 蒲原支店、東京三菱UFJ銀行 清水支店
明治30年 静岡県庵原郡蒲原町にて、駿河湾に桜えびが発見され以来、望月定七が、桜えびの製造販売業を始める。
昭和2年 望月房吉が事業を継承し、名称を望月房吉商店とし、より事業を伸展する。
昭和25年 望月保男が事業を継承。桜えびの製造販売とともに新たに桜でんぶ・黄でんぶの製造販売、しらすの製造販売、事業の拡張・発展を計るとともに名称をヤマト食品工業と改称する。
昭和49年1月 事業の発展に伴い長期計画的製造、機械化による生産の向上、衛生的構造の実現の為、現在地に792m²、総2階建の本工場を新築する。
昭和50年 輸入乾燥えびの取扱いを始める。
昭和55年 新業種として山菜製造に進出、山菜工場を新築する。
平成2年1月 本工場3階・4階を増築し、一層の事業拡大・発展を計る。
平成13年4月 ヤマト食品工業株式会社(製造)とヤマト食品株式会社(販売)を合併、ヤマト食品株式会社とする。